【徹底解剖】人気のウォーターサーバーはどれ

【徹底解剖】人気のウォーターサーバーはどれ

ウォーターサーバーとは

 

ウォーターサーバーをみなさんは、ご存知でしょうか。

ウォーターサーバー

そう、お水のボトルをセットするとお水たお湯がすぐに飲める給水機のことです。
一昔前までは、病院やオフィスなど法人使用でしかみかけませんでしたが、最近では一般のご家庭でも使われるようになってきましたね。家電量販店の店頭でもお水のおいしさを知ってもらうためにPRイベントをおこなったりしているので、認知度の随分と高まっていました。
また最近では水の安全性を求める方も多くなりウォーターサーバーを検討している方も多いと聞きます。ですが実際に調べてみると種類が豊富でどれがいいかわからないという声も。確かにインターネットでは、ウォーターサーバーの人気ランキングサイトなどがありますが、人気なものが自分に合っているかどうかは別です。それは人によって、お水の味にこだわりたいのか、安全性にこだわりたいのか、はたまた価格にこだわりたいのかちがっているからです。ただ目安としてウォーターサーバーを選ぶポイントは

  • 価格
  • 水の種類
  • 水の大きさ

でしょうか。
価格はもちろん、あまり高いと経済的な負担になりつづけられませんよね。 また、お水も天然水がいいとか硬度の低いものがいいとか、好みが分かれると思います。
水の大きさに関しては、家庭用のウォーターサーバーは、12リットルサイズが平均的なようです。ですが、サーバー上部に取りつけることなどを考えると、7リッとるなど小さめサイズが良いかたもいますね。サーバーにセットしたお水は衛生面をかんがえると2週間くらいで飲みきることが理想ですので、お水のボトルの容量も考えた方が良いと思います。

 

ウォーターサーバーの口コミ

 

クチコミランキングなどをみているとやはり人気がでるのは価格だけではないんだなぁと感じることがあります。
例えばクリティア。
クリティアはクチコミランキングでは1位です。
ですが、お水の値段も安いというよりは高めですし、サーバーレンタル料も発生します。ですが、お水のおいしさが評判です。フレシャスのお水には、私たちの生活に不足Sしている亜鉛やバナジウムなどのミネラルが含まれており、お水を飲むことで自然とそれらが補給できます。硬度も低く赤ちゃんでも飲めるので幅広い年代でつかうえるんですね。
ただ、クチコミには色々な書きこみがありますので、いいものばかりではありません。中には「プラスチックの味がする」などといったものがあります。
クリティアは、使用後のボトルの取り扱いが簡単なことでも人気が高いです。飲み終わった後は、ボトルの空気が簡単に抜けますのでその後はゴミとして捨てるだけ。回収などの手間が一切かかりません。
またサーバーが業界内で最もスリムといわれる横幅27cmなんです。普通は34cmくらいありますので、かなりほっそりとした印象です。30cmいかですと意外に設置の選択肢が広がりそうですね。
チャイルドロックもしっかり完備。2重チャイルドロックは、かなり硬く子どもの力でははずせません。また蛇口タイプの温水ロックには、外側からかぶせるタイプのものがあるので、小さなお子さんのいるご家庭でも安心して使えます。
そして省エネタイプのサーバーもあるので電気代も安いです。ただ2年未満で解約をすると、解約料が13,500円かかってしまうのが唯一のデメリットかもしれません。

 

ウォーターサーバーのメリット

 

ウォーターサーバー

スーパーのドリンクコーナーに行くと色々な種類のお水が売っています。どの家庭でも蛇口をひねればお水がでる環境にあっても、わざわざお水を購入する人が多いというのは、やはり水の安全性を求めている人が多いのだとおもいます。

そういう意味では、ウォーターサーバーは、天然水にしろRO水にしろ安心安全なお水が手に入ります。電話などで注文すれば、自宅まで運んでもらえます。わざわざ重い水を自分でスーパーまで買いに行き、自宅まで運ぶこともしなくていいのです。2リットルのお水なんて1日でなくなってしまうので、買うとしたら2リットルが6本入った段ボールでの購入を考える人がおおいと思いますが車がなければちょっと辛いでしょう。ですので、自宅まで配達してもらえるというのはウォーターサーバーの大きなメリットだと思います。
またいつもで冷水温水が飲めるというのも大きなメリットだと思います。
冷水は冷蔵庫で冷やすだけですが、ウォーターサーバーがあればペットボトルを入れずに済み冷蔵庫にスペースができます。お湯が欲しい時は、やかんや電気ポットでわかすことなく、すぐにお茶などいれることだできるんです。あかちゃんがいるご家庭では、夜中のミルク作りがラクになったと喜ぶ声も多く聞かれるようですね。
おいしいお水がおいしい温度ですぐに飲めるということがどんなに便利かは、実際に使ってみた方が実感できるかもしれません。無料体験をやっているウォーターサーバーもあるので、興味がある方は申し込んでみるといいですよ。

【メリットまとめ】

  • 安心安全なお水
  • 宅配してもらえる
  • いつでもおいしい冷水温水がのめる

 

 

ウォーターサーバーの問題点

 

いつもは安心して使っているものでも、ふとした瞬間に安全性に疑問を感じることってありますよね。それはどんな製品にも言えると思いますが、ウォーターサーバーにも該当すると思います。
ではウォーターサーバーに問題点があるとしたらどんなことでしょうか?
ウォーターサーバーもお水なので口にするものです。ですので衛生管理はやはりとても重要なポイントになってくると思います。
工場で徹底的に品質管理されてボトリングされるお水は、まず雑菌などが入っている心配はないでしょう。またボトルを配達した時不在で、外に数時間おいておいたとしても普通はそれほど問題はないと思います。
気になるとしたらサーバーにセットした後でしょうか。
各社サーバーにセットした後のボトル内部の空気の雑菌や、サーバー内タンクの雑菌繁殖にはかなり気を付けているようです。
例えば、ボトルのお水が減るたびにボトルが縮み中のお水が空気にふれ雑菌が繁殖しないよう工夫したりしています。またボトルとサーバーの連結部にHEPAフィルターを搭載して不純物が入り込まないようにもしています。
サーバータンク内には、UV除菌ランプをつけたり、加熱クリーンシステム自動内部清掃などなど各社独自の技術で衛生管理にのぞんでいます。
こうしてお水の品質のために様々な工夫をしていますが、それでも批判的な声をきくことがあります。でも賛成意見だけでなく批判的な意見を聞き、自分で判断することが大切だと思います。

 

ウォーターサーバーの費用

 

今、人気があるウォーターサーバーの費用はどれくらいかかるのか気になるところです。
ウォーターサーバーの費用で掛かる項目をざっとあげてみますと

  • お水代
  • サーバーレンタル代
  • メンテナンス代
  • 配達料
  • 電気代
  • 初回金
  • 解約料

こんなところでしょうか。
このうち、月々の費用にもっとも影響が出るのはお水代です。家族が多くお水の消費が多ければボトル本数が増えるでの、月々の費用はかかります。
また電気代も使い方によって各家庭ごとに費用のことなる傾向にありますね。ウォーターサーバーの場合、温水の温度を保つことで電気代がかかるようですので、温水の使用が多い家庭は電気代が若干高めなようです。通常電気代は月1,000円と言われていますが、今では省エネ対応のサーバーが出てきていますので、電気代が月330円〜なんてサーバーもあります。
最近では、レンタル料や配達料が無料のウォーターサーバーが増えているように思います。ただレンタル料が無料な分、お水に注文ノルマを課し、1か月に2本以上など決めた本数注文できなかった場合は別途料金が発生することもあるようですので、その辺のことも良く調べてみるといいでしょう。特に1人暮らしで水の消費が少ない場合、ノルマのあるなしで使いやすさが違って来ると思います。
初回金は、申込み時に1回だけ3,000〜5,000円程度支払うサーバーもあります。
メーカーによっては、初回金のかかるサーバーとかからないサーバーがあるので、気を付けていてくださいね。
また解約料も6か月未満から2年未満で解約した場合、解約料として、3,000円〜15,000円発生するものがあります。
ウォーターサーバーの料金はメーカーによっても、サーバーの種類によっても変わってきます。疑問点があればすぐに直接電話で問い合わせした方が早いと思います。

 

ウォーターサーバーと天然水

 

ウォーターサーバー

 

ウォーターサーバーで使うお水は天然水だと思っている方も多いと思います。
ですが実は天然水だけでなくRO水というものもあります。
RO水というのは、逆浸透性膜を使ってお水をろ過し不純物を取り除いたお水のことをいいます。非常に細かいフィルターのため塩素はもちろん放射性物質なども取り除けます。お水のおいしさともいえるミネラル分まで除去してしまうため、メーカーによっては後からミネラル分を加えたりしています。
この逆浸透性膜は海水を真水に変えるために開発されたものでNASAやオリンピックの選手村にも採用されている世界に安全とみとめられたものなのです。
ただ原水は天然水だけではなく水道水もあり、そのことに拒絶感を感じる人もいるようです。
天然水は地下水からくみ上げたお水です。採水地によって硬度も味も違います。ですので好みがわかれますが、やはりおいしい水といえば天然水というイメージから人気が高いです。たいてい、1つの業者で複数の天然水を扱うこともあり、いろいろ得選べるようになっていますが、自分の好みのものを見つける必要はあると思います。
ただやはり天然のものですから成分が一定ではないということで、赤ちゃんがいるご家庭などは、成分が一定のRO水を好んで使うことも多いです。
価格面でも、天然水よりRO水の方がやすいので、その点からもRO水もかなり人気です。
どちらがいいかは、ライフスタイルや好みによっても違いますね。最後は価格面での判断になるのかもしれません。

 

ウォーターサーバーのメンテナンス

 

ウォーターサーバーで忘れてはならないのはメンテナンスです。
ボトル内のお水やサーバー内部の殺菌はされていたとしても、日々のお手入れを怠っていては意味がありません。
ではウォーターサーバーのメンテナンスにはどんなものがあるのでしょうか。

 

拭き掃除

実はご家庭でも日々行った方が良いことがあります。
それは拭き掃除です。冷水はそれほどでもありませんが、温水はお茶をいれたりすると跳ねた水分がこびりついて茶色になったりします。1,2回なら問題ありませんが、1か月、2か月使っているうちに汚れが目立ってきてしまいます。水の注ぎ口はもちろん、パネル部分も清潔な布でこまめに拭き掃除することが大切です。以外にサーバー上部にもホコリがたまりますので、拭き掃除がかかせません。またボトルを交換時、未使用のボトルにもホコリがたまっていることがありますので、軽くふくことをお薦めします!

 

内部清掃

またメーカーによっては「サポート料」「メンテナンス料」などという名目で料金をしはらっています。その場合、1〜3年に1回、サーバー自体を交換して工場に持ち帰り専属スタッフによる徹底した内部清掃が行われます。
またサーバー自体に自動内部清掃というクリーンシステムを搭載することで、専属スタッフによりメンテナンスを設けないメーカーもあります。
またほとんどのメーカーは常識の範囲内での使用で故障した場合、無償でサーバー交換してくれます。これはやはりレンタルならではの嬉しいサービスですね。

 

ウォーターサーバーの注意点

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーのお水も口に入れるものですから食品と同じです。ですがなんとなくサーバーにボトルをセットしてしまえば安心してしまう人も多いように思います。

ですが、やはり衛生管理には気を付けた方が良いと思います。
そこでウォーターサーバーの注意点を考えてみたいと思います。

 

賞味期限

お水も食品と考えると賞味期限が気になります。これはたいていの場合未使用のお水で6か月というのが多いようです。またサーバーにセットしたお水の場合は2週間でのみきるのが理想です。

 

サーバーの作り

サーバの作りも気になります。というのも、やはりサーバーにセットしたボトルは、お水が減ってくると空気が入ってきます。空気が入るとその分雑菌が繁殖しやすいといわれていますね。そこでサーバー内部にUV除菌ランプが搭載されているものでサーバー内部を除菌したり、サーバーとボトルの連結部にHEPAフィルターを搭載し、不純物をシャットアウトしたりと各社衛生管理に気をつけているところまあります。また水ボトルの形状自体、お水が減るとボトルがつぶれていき空気が入らないようにしているところもあります。
また旅行などで留守になる場合、ついウォーターサーバーの電源を抜きたくなりますが、それはやめましょう。水に雑菌が入る原因となります。2週間程度でしたら、最初に使うとき、冷水温水ともにコップ2杯程度出水すれば通常通り使えるようになります。
またサーバー外観の拭き掃除は各家庭で行う必要があります。特に出水部分はこまめに拭き清潔を心がけた方が良いでしょう。

 

人気のウォーターサーバー

 

ウォーターサーバーで人気な機種は色々ありますが、やはり価格が安めなものに人気が集まっているようです。どんな商品でも安いだけではだめですが、それでも価格が低いと言うものに注目は集まりますね。
ウォーターサーバー業界では、コスモウォーターが価格の安さと品質で人気です。

 

ウォーターサーバー

 

初期費用、レンタル料、配送料が無料です。
つまり月々支払うのはお水代だけになります。他のメーカーですと、お水代の他にサーバーレンタル料やメンテナンス代などがかかりますので、これはなかなか画期的です。
またお水の種類も3種類の天然水から選べます。採水地が大分、富士、京都、から選べます。またどれも軟水なので日本人には飲みやすいお水と言えるでしょう。
ただ、そうはいえっても硬度はそれぞれ違いますので、長く飲み続けるには自分になったお水を見つけた方がよさそうです。
また、お水の安全性にも気を遣っています。定期的な検査が行われていることでもわかります。放射性物質にかんしても定期的に公式ホームページで検出の有無を発表しています。
またサーバーの種類としては珍しく水ボトルをサーバー下部にセットできるんです。これはご高齢の方や妊婦さんなどには嬉しいことだと思います。ボトル交換も人によっては負担に感じますので、しっかりチェックしておくといいと思います。
それからお掃除ロボット付きというユニークなウォーターサーバーもあります。ウォーターサーバーと一緒に掃除ロボットまでレンタルできるってなんだか毎日が楽しくなりそうですね。

 

 

更新履歴